めも

日々のめも

momo7wのWindows10化作業めも

momo7wのWindows10化作業めも

用意するもの
USBメモリ(4G以上)
・USBキーボード
・USBマウス
・マイクロUSBケーブル(充電用)
・OTGケーブル(本体付属品)なくても可

事前作業(○はやらなくても問題ではない、★は必須)
○回復ドライブの作成(16GのUSBメモリが必要)
○リフレッシュするので重要ファイルのバックアップ
○momo7wの日本語化(ランゲージパックの導入)
★タッチパネルのドライバをバックアップ
  ⇒Silead – Other hardware – KMDF HID Minidriver for Touch I2C Device
   8.1の時にWindowsUpdateでおかしくなったドライバの正常稼働する版
    ⇒面倒なので、DriversとDriverStoreをフルバックアップ(300MBくらい?)
手順
・別PCにて、Microsoftのメディア作成ツールを使用しUSBメモリを作成
  Windows 10
  http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
  ちなみに私はHOMEの32ビット版のみを選択、32/64ビット両方同梱の場合は8GBのUSBメモリが必要

・momo7wを出荷状態に戻す
  出荷状態に戻すことが必須ではないが、空き容量を4GB以上空けるにはこれが一番簡単だと思う
  チャーム→[設定]→ [PC 設定の変更] →[保守と管理]→[回復]→[すべてを削除して Windows を再インストールする]の[開始をする]

・Windows10導入
  Windows8.1を起動
  Windows10のUSBメモリをmomo7wへ接続
  USBメモリのルートフォルダにある「setup.exe」を起動する
  Windows10をインストールする
    言語が違うとの警告がでるが無視
    個人情報は好きにすればいいが、リフレッシュしてる場合は削除
    更新プログラムは後でやるためネットワークには繋げない
    充電ケーブルを指しておく(重要)
    ひたすら待つ
    個人情報を引き継がない場合は、最後にユーザ登録がある
      USBマウスを接続し、言語やタイムゾーンを決める(タッチパネルは効かない)
      USBキーボードを接続し、ユーザ登録を行う(ソフトウェアキーボードはない)
  全ての設定が終わるとWindows10が起動する
  ネットワークの接続を行い、WindowsUpdateを行う
  タッチパネルのドライバを復活させる
    バックアップしたDriverStore\FileRepositoryの中にあるsileadtouch.inf_x86を右クリックから設定する
    バックアップしたDriversの中のSileadTouch.fwをc:\windows\system32\Driversへ上書きコピー
    再起動
  ディスククリーンアップツールを使用し不要ファイルの削除を行う
    「windowsupdateのクリーンアップ」と「以前のWindowsのインストール」を削除

注意
 UEFIUSBメモリから起動した場合、USBメモリが刺さっている都合上、USBキーボードがつながらないため途中で詰む
  ⇒USB-HUBがあれば大丈夫

問題点
 WIMBootが有効になっていない、解除してからWindows10を入れないとダメだった??
 再度Windows10をクリーンインストールすればよいの?